NLPトレーナー

プラクティショナーやマスタープラクティショナーを養成できる資格であるNLPトレーナーについて。

NLPの指導者資格

「NLPトレーナー」とは、マスタープラクティショナーのさらに上位の資格であり、プラクティショナーおよびマスタープラクティショナーを養成するための団体認定セミナーを開催できるようになる資格です(もちろん入門者向けコースも開催できます)。

日本国内で開講されている、マスタープラクティショナーやプラクティショナー資格を取得できるスクールは、流派や認定団体の違いはあれ、トレーナー資格を持った講師によってカリキュラムが行われています。逆に言えば、トレーナー資格をもっていない者がこれらのセミナーを開催しているとしたら、立派な詐欺行為となります。

NLPトレーナー資格を取得できるスクール比較

トレーナー資格=カリスマ性

NLPトレーナー資格は、各団体を率いる認定者に次ぐ資格であるといえます。NLPの世界では、「トレーナー資格を取得することはカリスマ性を手にすること」という言葉がある位だそうです。

当然ながら、取得条件としてはまず、マスタープラクティショナー資格を保持していることが大前提となります。その上で、各団体の認定者の直接講座、あるいはトレーナーズトレーナーというトレーナー養成資格を持った認定者による講座を受講する必要があります。

なお、団体によっては講義受講のみという場合もあれば、難関のトレーナー試験をパスしなければならない場合もあります。詳しくは「トレーナーになるために必要なこと」のページでご紹介していますのでご覧ください。

取得方法について

NLPはアメリカで生まれ発展したものですので、各団体を率いる認定者は、当然ながらアメリカに拠点を置いている場合がほとんどです。

そのため、トレーナー資格を取得するには、基本的にはアメリカ本国に渡航し英語での講義受講という高いハードルがあります。

しかし、近年では認定者が来日し通訳を通じての講義受講によりトレーナー資格を取得できるケースも見られます。私の通っているNLP-JAPANラーニング・センターもそのひとつで、年一回のペースで全米NLP協会のタッド・ジェームス氏によるトレーナーズ・トレーニングを開講しています。

私自身も、将来的には、トレーナー資格に挑戦したいと考えています。

≪NLP資格取得スクールをランキング≫

コンテンツ一覧