どんな仕事に活かせる?

このページでは、NLPで学んだ内容を活かせる仕事についてご紹介します。
将来のビジョンを明確にしながら、効果的な学習に役立てていきましょう。

コーチとして活躍する

人を育成する職業であるコーチは、NLPで学んだことを活かせる仕事のひとつです。

クライアントの現状を把握した上で、今後の目標設定や自己実現に向けて適切な指導を行うのがコーチの役目。相手の話に耳を傾け、しっかりと意見を汲み取った上でプロセスを進めていくことが重要になります。

クライアントの希望や自発的な望みを理解する上では、メタモデルのスキルが役立ちます。受け取った情報を鵜呑みにするのではなく、より客観的な立場から最善のアイデアを提案できるようになるでしょう。

今後のステップアップについて指導する際は、手本とする人物にフォーカスを当てるモデリングのスキルも重要になります。

これらのスキルはコーチングを学んでいる人にとっても要となる要素ですが、NLPを学習することでコーチングスキルを高めることもできます。

セラピストとして活躍する

コーチングと比べると認知度の低いセラピストの仕事ですが、NLPを学ぶことで独自の切り口から適切なセラピーを行うのに役立ちます。

NLPはビジネスシーンでの活用が目立つようになってきましたが、もともと心理学から派生した分野でもあるため、セラピストとして備えておきたいスキルも多く存在しています。

セラピーを行うにあたっては、相手の問題や解決への道筋を明確にする必要がありますよね。相手の話をよく聞くヒアリングの力や、感情を自分でコントロールしてもらうためのアンカリングの知識、目指す方向をはっきりとさせるためのアウトカムなどが挙げられるでしょう。

また、現場のスタッフへの指導・育成にも役立つことがあると思います。どのような分野で仕事をしたいのか考えた上で学習を進めると、モチベーションを保ちながら効果的にスキルを身につけていくことができるのではないでしょうか。

コンテンツ一覧