はじめの一歩(スモールステップ)

何かアクションを起こそうと思っても、なかなか一歩踏み出すことが難しいと感じている方はいらっしゃいますか?
そんなかたのためにNLP資格のセミナーで学ぶスモールステップについてお伝えしていきます。
NLPのスモールステップを学ぶことで、確実に望んでいる結果に対して、階段を描き登りやすくしていきます。

シンプルにお伝えすると、NLP資格のセミナーで学べるスモールステップとは、大きなものを細か砕くようなものです。
大きなお煎餅やフランスパンはそのままでは、口に入りきりませんが、砕いたり、ちぎることで食べやすくなります。
それと同じで、どんなに頑張っていても、目の前の望んでいる状態が大きすぎると、行動できなくなる時があります。

そんな時にNLP資格のセミナーで学ぶスモールステップを学ぶことで、行動しやすい状態を作ります。
言い方を変えると自分が行動しやすい状態にハードルを下げます。
走るのが好きな人がいるとします。歩幅が80センチでちょうどの方も入れば、30センチや50センチの方もいらっしゃるのと同じです。
自分にとってベストな幅に調整することで、結果を出しやすく、行動しやすくなるのです。

そして、NLPのスモールステップの一番最初が特に大切です。それを「はじめの一歩」といいます。
もしも、はじめの一歩を踏み出せるようになったとしたら、それがきっかけとなり視野が広まり、自分の中にある壁が取り除かれることが多いです。なによりも自信が生れます。

NLP資格のセミナーでは、はじめの一歩を踏み出すために行なう質問があります。
これを当たり前に使うことで、行動するきっかけを作りやすることができます。

では、NLP資格のセミナーで学ぶ質問です。
「あなたが今から出来るはじめの一歩は何ですか?」
自分なりの答えを見つけて、出来る一歩を見つけて、行動してみることも出来るのです。

コンテンツ一覧