その他の派生・関連資格

コミュニケーション心理学に関連のあるいくつかの資格について簡単に紹介。

NLPの派生・関連資格とは

NLPの資格には、NLPの理解度やスキルの習得度に応じて、プラクティショナー、マスタープラクティショナー、トレーナーという3段階が存在しています。

流派によってはさらにトレーナーを育成できるトレーナーズトレーナーという団体認定者に次ぐ資格もあります。これらは言わば、NLPを学び身につけるための本流と言っていい資格です。

一方、1970年代の誕生以来、NLPは日々進化を続けており、応用テクニックや関連技術といったものが多数生まれています。

これらもまた、それぞれの団体が実施しているという訳ではなく、また受講できる機会も限られていますが、将来的にはどんどん発展していくのではないかと思われます。

現在日本では学べない資格も多数ありますが、今後セミナーを開講する予定のスクールもあるようなので、注目です。

主な資格の紹介

代表的なNLP派生・関連資格をご紹介します。中には「高レベルのコミュニケーション資格」として米国で広く認識されているものもあります。

コア・トランスフォーメーション トレーナーズ・トレーニング

アメリカ3大NLPのひとつNLPコンプリヘンシブの創設者であるコニレイ・アンドレアス女史と妹のタマラ・アンドレアス女史の姉妹によって確立された、NLPの応用スキルです。

感情のコントロールや悪い癖・習慣の克服、人間関係の改善といったメリットがあります。

ベーシック・トレーニング、アドバンス・トレーニングを経て、トレーナーズ・トレーニングへと進むかたちになっています。

LABプロファイル トレーナーズ・トレーニング

言葉(Language)と行動(Behavior)の関係性を分析したもので、NLPのなかに出てくる言語パターン(言葉の使い方)に関する上級スキルです。

このプログラムはカナダNLP協会の創始者であり言語パターンの世界的権威であるシェリー・ローズ・シャーベイ女史によるもの。

教師や指導者、管理職、経営者、セールスパーソン、起業家、コンサルタント、セラピスト、コーチなどの職業において、コミュニケーション能力の飛躍的向上が期待できます。

基礎を学ぶ「LABプロファイル プラクティショナーコース」を経てLABプロファイル トレーナーズ・トレーニング」へ進みます。

ヒプノーシス トレーナーズ・トレーニング

NLPにも関係の深い催眠術に関するトレーニングです。

アメリカでは非常に高レベルの資格として有名ですが、これまで日本では開催されておらず、日本人の認定者もまだ数名しかいない資格です。

タイムライン・セラピー トレーナーズ・トレーニング

全米NLP協会のタッド・ジェームス氏が開発したNLPの応用スキルです。

人間の無意識に働きかけ、精神的トラウマやPTSDの治療をはじめ、結婚・家族カウンセラー、ソーシャルワーカー、コンサルタント、スポーツコーチなども活用しています。

コンテンツ一覧