エコロジーチェック

8フレームアウトカムというNLP資格のセミナーで学ぶ目標設定の中には、エコロジーチェックという項目があります。このエコロジーチェックという項目があることで、私たちは目標設定の精度を高めたり、目標の微調整や修正を行うことができます。そして、時には目標自体を変更する選択につながることがあります。

なぜでしょうか?NLP資格のセミナーで学ぶエコロジーチェックとは、私たちが何かアクションを起こしていく中で起きてくる変化や影響を予め想定していきます。もちろん想定できないものも有りますが、想定できるものには予め対応していきます。

NLPを学んだ経営者さんがいらっしゃいます。彼は会社のスタッフが企画を持ってきたときに、基本的にはどんどんアイデアを採用するらしいのですが、必ずする質問があるそうです。2つの質問で、NLPのエコロジーチェックをしています。

このように予め、NLPのエコロジーチェックの質問をして、部下の思考を広げ、深めつつ、変化と影響を考慮して、企画の修正、変更、選択を行うそうです。このようにNLP資格のセミナーで学ぶ際は8フレームアウトカムの一部として出てくるエコロジーチェックですが、どんな場面でも使うことができます。

エコロジーチェックを使うときのポイントは、どんないいことがあるのか?そんな変化があるのか?どんな影響が出てくるのか?です。あとは皆さんなりに必要な視点を持ち、思考を深めていくと、本当に効果的な質問になります。

コンテンツ一覧