本当にそれが必要か?

行動を起こす前にする質問

NLP資格のセミナーで学ぶことのできるメタモデルの中にある、とても使える内容です。この質問をすることで、あなたの行おうとしている行動を見直すことができます。よく文章を書いた後に、時間を置いて客観的に見直すのがいいと言われますが、それと同じことを行動でも行うことができます。

NLP資格のセミナーで学ぶことのできる「本当に?」という質問を使うことで、それを行うことができます。例えばこうです。目標に向けて行動を起こす時に、緻密な計画に基づいた行動ならいいのですが、そうでない時はこの質問をするのも良いかもしれません。

「この行動は本当に必要か?」

いかがでしょうか?この質問を行うことで、頭の中で考え始めます。その質問が、客観的な視点をもたせてくれます。客観的に見た時に、行動することもできますし、必要ない行動だと判断することもできます。逆に、この行動は逆効果かもしれないと、気づくこともあります。

このように、NLP資格のセミナーで学ぶことのできるメタモデルの質問は、とても役立ちます。是非、お使い下さい。また、本当に?という質問の仕方は、行動だけにとどまりません、あなたが何かに悩んでいるとします。もしくは迷っているとします。その時に、悩みや迷いの原因に対して「本当に?」と質問をすることができます。

その結果、あなたが一人でイメージをマイナスの方へ膨らませすぎているだけだったり、勘違いだったことに気づくこともできます。もしくは、やはりそうかと確信を持つこともできます。とにかく、NLP資格のセミナーで学ぶメタモデルの中にある「本当に?」という質問は、疑問を生み出し、検証したり、やり直したり、修正する機会を与えてくれます。

質問の力を使うことで、いろいろと見直すことができるものです。是非、有効にお使い下さい。

コンテンツ一覧