アメリカでの現状

アメリカと日本のNLPの現状を紹介。

本国で人気の3団体

「3大NLPとは」のページでご紹介している通り、現在のアメリカ本国では人気があるのは、全米NLP協会、NLPコンプリヘンシブ、NLPユニバーシティの3団体になります。

これらは現在主流となっている新しい概念を生み出し発展させており、さらには時間をかけた密度の濃いカリキュラムを実施し、高い実用性を誇っています。

しかし日本では、この3大NLPの知名度があまり高くないという現実があります。その理由のひとつは、元祖や創始者といったものへの敬意が高いあまり、本質を見落としがちになってしまう点。

もうひとつは、英語圏の最新情報にどうしても疎くなりがちで、最新よりも、古くからあるものを信頼しがちになってしまうという点です。

全米NLPを学べる日本唯一のスクールとは

米国NLP協会と日本

このような日本の状況を象徴的に表しているのが、米国NLP協会と日本の関係です。日本のNLPスクールでは、米国NLP協会に認可されている所が数多く存在しています。

逆に、本国アメリカでは、米国NLP協会の人気は低迷しているという現実があります。

このような逆転現象がなぜ起きているのか、実に単純な理由があります。それは「米国NLP協会は古くから日本語の通訳を介したカリキュラム受講を認めていた」という理由にすぎません。

なお現在では、日本でも「全米NLP協会」のタッド・ジェームス氏のトレーナーズ・トレーニングが通訳付きで受講できるスクールが存在しています。

同じ名前の協会が2つ存在

もうひとつ特筆すべき事情として、現在、米国NLP協会という団体は2つ存在しています。ひとつはNLP創始者であるリチャード・バンドラー氏が率いるバンドラー派。もうひとつが、NLPスキルを一般人が利用できるように体系化したクリスティーナ・ホール女史によるホール派です。

この二人は、かつては師弟関係にありましたが、後に仲たがいし分裂。双方が米国NLP協会を名乗るという事態が長らく続いています。

この問題はアメリカ本国で裁判沙汰となり、結果、ホール派が勝ち、バンドラー氏サイドは敗訴。近くバンドラー派は名称の変更を強いられることになり、その行方が注目されているそうです。

いずれにせよ、かつては隆盛を誇った米国NLP協会も、現在のアメリカでの主流ではなくなっており、最新のNLPを学べる団体とは言い切れない現状です。

コンテンツ一覧